糖尿病の原因と対策

糖尿へのサラシアプラスの効果情報

糖尿病とはどんな病気?

分泌されるインスリンの働きが充分におこなわれず、血糖値が高い状態が継続する症状のことを糖尿病と言います。

私たちの血糖値は食事を摂ることで高くなりますが、分泌されるインスリンの働きで数値がうまくコントロールされる仕組みを備えています。

しかし、運動不足や食べ過ぎ・飲み過ぎによる肥満、メタボリックシンドローム、さらに強いストレスなどを原因としてインスリンの分泌が少なくなる、うまく働かなくなるなどの不具合が生じ、糖尿病のリスクが一気に高まってしまうのです。

糖尿病を放置することで起こる3大合併症と言われるものには、失明する可能性がある糖尿病網膜症、手足のしびれや麻痺、EDなどを引き起こす糖尿病神経障害、最悪の場合は人工透析が必須となる腎不全に陥る糖尿病腎症が挙げられます。

糖尿病は脂肪肝など肝臓の疾患と合わせて発症することが多い点にも注意が必要です。

そこで注目!糖の吸収を抑えるサラシアの効果

サラシアには体内に吸収される糖を少なくしてくれる働きがあります。

私たちが食べた糖質は唾液に含まれる消化酵素の働きで分解され、より体に吸収されやすい単糖類へと変化しますが、この単糖類は体のエネルギーとして使われないと脂肪に変わって蓄積していく困った特徴があります。

ここで活躍するのがサラシアの働きで、糖質が単糖類に分解されないようにしてくれるのです。

単糖類に分解されなかった糖質のほとんどは体に吸収されず、そのまま体外に排出されるサイクルに乗ることになります。

つまり、サラシアを摂取することで気になる糖質を自然にカットできてしまうというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする